Site Index

Memorandum

2009/5/4

ESXiでZeitgeistはみえるか?

通信販売や秋葉原に足を運んだりして部品を集め、ついに私も噂の(?)家庭内サーバー、いわゆるホームサーバを導入しました。最近はLinuxをはじめ、ホームサーバを構築するのに必要なソフトウェアのほぼすべてがフリーで入手できることもあり、イニシャルコストがハードウェアのみというのが素晴らしいですね。ホームサーバを構築するのに導入するOSというと、やはりLinuxが鉄板(もっとも実績がある)という感じですが、今回はESXi3.5を利用しました。これはVMware社がフリーで配布しているLinuxベースのOSで、バーチャルマシンを制御することに特化した、いわゆるハイパーバイザと呼ばれるものです。このOS単体では何もできませんが、LinuxやWindowsなどのOSをESXi上にバーチャルマシンとしてインストールすることで、複数のOSを一つのハードウェアで制御できるというものです。こういうと、結構プロフェッショナルユースみたいな感じもしますが、仮想OSとしてOSを走らせることで、何かOSの設定に失敗してマシン立ち上がらなくなっちゃった、なんてことがあっても事前に設定した復元ポイントまで戻ることができたりするので、ホビーユースにも向いていると思います。なにせOSのインストールからすべてリモートで管理できるので、手軽にLinuxの新バージョンをインストールできたりと、最近の高性能なPCにありがちな何かと余らせがちなハードウェアリソースを有効に使えるのではと思います。

今回用意したハードウェアはシステムボードにIntelのDQ45EK(Mini-ITX)、CPUにLGA775 Xeon 3065(Dualcore2.33GHz 6MBL2 1333MhzFSB これだけ中古です。Celeronと迷ったんですが…)、メモリ4GB、HDDは500GByteをひとつというものですが、オンボードのLANのみは標準で認識してくれなかったため、ESXi3.5 U4をHDDにインストールしたのち、リスタート後ESXiを立ち上げずにMS-DOSを立ち上げて、コマンドラインから有志のドライバを手動でコピーすることで対処しました。今回用意したシステムはvPro対応ということで、電源のON/OFFやBIOSのセッティングも一通りネットワーク越しのリモート管理できるようになったのがすばらしい! しかし、このESXi、ハードウェアをかなり選ぶようで、RAIDカードをそのうち追加したいと考えてはいるものの、PCI-Express x1に刺さるようなRAIDカードってほとんどサポートリストに載ってませんね、むーん。ついでに、ハイパーバイザにバーチャルマシン、AMTと家庭内ネットワークのIPアドレスが一気に増えてしまって、こりゃ整理しないとパスワードなんかすぐ忘れちゃいそうです、あうあうあー。

しかし、ハイパーバイザというものが、こんなホビーユースのところで組めるという程に敷居が下がっているというのが驚きです。こういうのって元来メインフレームなんかで実現したりするものというイメージがあるので、ちょっと感動。バーチャルあるところにパラダイムシフトあり、というかタイムシェアリングコンピュータの頃の考えというのが今のコンピュータ技術を支えているんですね、うんうん(うまくまとめたつもり)。

2009/5/29

デジタイザに廻る

最初に買ったタブレットPCのSlate-DTのデジタイザはWACOMのセンサ搭載でしたが、それほど精度がいいものではありませんでした。画面の端に行くと、ミリ単位でカーソルとペン先の位置がずれるため、基本的なオペレーションには困るほどでは無いものの、WindowsXPのテーマ「Windows クラシック」のウィンドウのボタンを押すのに、ちょこちょこミスしたりと(「Luna」なら問題なかったんですが)、精密な操作をするのには向いていないという感じでした。逆にLatitude XTのシステムはN-trig社のものでしたが、その精度の高さには驚きました。画面端にでペンを持っていっても、ほぼずれがないのはもちろん、ペン先の追従性もかなり速くてちょっと感動しました。Slate-DTも若干そうでしたが、前に大学の先輩に見せてもらったThinkPad X61 Tablet(液晶ディスプレイの解像度がSXGA+のタイプ)は、ペンの追従に見てわかるくらいの遅延があったので、その違いにはちょっと驚きました。ペンタブレットのセンサは、あまりタブレットPCのレビューでも触れられることはほとんどありませんが(Latitude XTのタッチパネルも、国内のニュースサイトのレビューでは感圧式と紹介されていたり…)、結構進歩しているんですね。

それはともかく、つ、ついにペンタブレットを買いました。イラストは趣味で書く程度ですが、マウスで下書きから色塗りまでやっていると時間がかかってしょうがないので、決めました。買ったのはWACOMのIntuos 4ですが、なんか聞くところによると、標準のシートでは摩擦係数が大きく芯の減りが非常に速いということで、貧乏性もあって、ガラス飛散防止シートを上に張って、摩擦係数を減らして使っています。でも、やっぱり紙とは違いますね。画面を見ながらペンを動かすのが難しくてしょうがなくて、実は使わず一ヵ月以上放置してるんですが、やっぱり使わなきゃですな。

Page Index

Recent Update

2011/8/29 Illustration 更新

  • 挿絵

Past Articles