Site Index

Memorandum

2009/1/4

2008年末とうがらし

いきなり昨年の話になりますが、C75で本3rdを買ってくださった方、ありがとうございました。なるさんの日記には謙虚なコメントが載っておりますが、私自身、原稿落としてしまい、今回は表紙だけの参加となってしまっております。でもその分、今回のイラストはかなり気張りました…。しかしながら、次は(あるのか?)、何か書ければいいなと思います。よーし、まずはネタ探しだー。

アフタークライシス・キーボード

前回の記事で、キーボードとっかえひっかえしているという話を書きましたが、結局日本語フルキーボードに戻ってしまいました。うーむ、かっこつけて英語キーボードがいいとか、省スペースがどうとか言いましたが、やっぱり長年使ってあるだけ、このタイプが一番使いやすいです、それに英語キーボードに拘ると、ノートパソコンの選択の幅も大分小さくなってしまいますしね。というか、ほぼThinkPad一択になってしまうのか…。

デジタルカメラの参考書

丁度一ヶ月前くらいに、デジタルカメラを購入して、家の小物を撮ったりして遊んでいます。外出ろよ、って感じですが、それ以前にカメラの使い方がわからない…。長年「写ルンです」といった使い捨てカメラしか経験のない自分にとっては、オートフォーカスのバカチョンカメラですら苦戦している現状です。っていうかまず「フォーカス」っていう言葉自体よく知らなかったもんね。「ピント合わせ」とか「ピンボケ」とか知ってましたけど、今は「フォーカス」っていうのか…。昔から言ってた? あらら、がくっ。…ともかく、フォーカスもマニュアルにしてみたり、露出、ホワイトバランスやストロボ等、いろいろいじりながら、カメラの使い方というものを、学んでいるところでございます。同じ被写体でも、設定一つでこんなに変わるのかと感動したりと、カメラに凝る人間が多いのも納得です。

というわけで、デジタルカメラ時代の写真撮影の参考書として、たくきよしみつ著の「デジカメに1000万画素はいらない」という新書を購入しました。この本はいわゆる、良いカメラを使って良い写真を撮るという本ではなく、あくまで普及価格帯のデジタルカメラ利用による撮影テクニックに焦点が絞られている本です。ざっと読んでの感想ですが、内容は結構万人向けという感じがしますが、F値などの用語が説明なしに出てくるので、カメラのスペックの意味をある程度把握できてないと、読んでもあまり面白くないかもしれません(この辺はデジカメ購入のときに、調べたりした部分もあったので、自分はなんとかついていけました)。あと若干、低画素数にこだわり過ぎているというか、論調に偏りがちな部分があるような気がしないでもない…。しかし、実際の撮影例を交えた解説はわかりやすくて説得力があり、読んでいて、せっかく買ったカメラをもっと使おうと思わされる、なかなか面白い本だと思いました。

Page Index

Recent Update

2011/8/29 Illustration 更新

  • 挿絵

Past Articles