Site Index

Memorandum

2008/3/24

ThinkPad X40

1月にデスクトップが壊れてしまい、そのときに代わりのPCとしてIBM(現Lenovo)のThinkPad X40(2371-7vj)を中古で購入しました(3ヵ月経った今では、デスクトップは部品を取り替えてなんとか正常に動いています)。付属品はACアダプタのみでOS無し。ただし、付属のACアダプタはケーブルの途中で断線しているようで正常に使えなかったというのが泣けます(捨てた)。また本体の状態は天板含め比較的きれいでしたが、キーボードだけは非常にボロボロで一部チャタリング気味なので、そこは張り替えました(予算の関係上US配列になってしまった)。それとX40の国内仕様では省かれてしまっているBluetoothが欲しかったので、モジュールとアンテナを別途購入して内蔵させました。

OSのインストールに関しては内蔵の1.8inchHDDが5Vでも動くため、市販の2.5inchHDD変換アダプタ等を介して予めWindowsXPのインストールのディスクをディスクにコピーしておき、改めてDOSからセットアッププログラムを起動するという手順で行いました。持っててよかったWin98起動ディスク。外付けの光学ドライブは割かし高価ですものね。

DOS/Vノートは560X、X21…とThinkPadをずっと選択してきましたが、X40も使いやすくていいですね。液晶のサイズとキーピッチを筐体の枠ぎりぎりまで持ってきてあるところがスマートでいいと思います。また付属ソフトウェアも(中古で購入した場合でもLenovoのサイトからダウンロードできる)、一括でドライバやユーティリティをインストール・アップデート出来るソフトウェア導入支援をはじめ、ネットワーク設定を制御するAccess Connectionなど使い勝手がいいものが多く、よく出来ているんじゃないでしょうか。

ただ1.8inch HDDについては、パフォーマンスの観点から見るとやはり鬼門ですね。容量も十分とは言えませんし、とにかく遅いです。ちょうーおそーい、みたいなー、って感じです。ついでに言うと、駆動音もちょっとうるさい。SSDかもん、ぷりーず。DDR2メモリ宜しく今後の劇的な値下がりに期待します。

ちょっとだけゲームの話題

ゲームの話題が全然なくて恐縮ですが、Mass EffectのPC版が5月に発売されるということで、期待しています。そういえば、ちょっと前にLand of LegendsというゲームのPlayable Demoを遊びました。グラフィックは非常に古めかしいですが、ボリュームはあるし、詰将棋みたいな感じで面白かったです。

2008/3/31

あぁ!っと思ったっ瞬間に…

月刊Interface 5月号を買ってきたので、付録の基板を使おうと、意気揚々と部品をはんだ付けしていたら、不意にこての先っぽをキーボードの上に落としてしまい、びっくりがっかりでございます。最近買い換えたばっかりなのに! ちょっと前まではジャンクで100円なキーボードだったんですが、今年に入ってBluetooth接続の無線な(ちょっといい)キーボードに変えたとたんに、この様です。ああ…、さっそくスペースキーに細長い凹みができてしまった…。

僕らの地球を守らなきゃ!

超久々のゲームの話題なんですが、Enemy Territory: Quake Warsを遊んでいます。以前はPlayable Demoを取り上げましたが、遅ればせながら製品版を遊び始めました。このゲームではプレーヤーは地球防衛隊であるGDFもしくは地球侵略を企てる異星人Stroggに属し、マップ毎に設定された目標を時間内に達成するか、阻止するかを競います。ストーリーとしては同じid softwareの代表作のひとつQuake IIの過去が描かれるという内容で、Stroggが地球の半分をすでに侵攻しているところへ、GDFの反撃作戦が行われていくシナリオが展開していきます。必然的にStrogg側は守りに就くことが多く、GDF側が攻めるマップが半分以上を占めています。

挿絵 挿絵

マルチプレイに主眼の置かれたゲームではありますが、相変わらずEnemy Territory Offlineでがんばっております。まだゲームシステムの把握には程遠く、Campaignモード中心にいろいろなマップを試していいるところですが、製品版では度重なるアップデートの影響か、AIの挙動がだいぶ改善されている感じがします。特にVehicle(乗り物)の扱いに関してはあまり明るくなかったのが、結構うまくなってますね。もともと優秀なAIがさらに手強くなってOffline派にとってはうれしい限りでございます。AIは全体的にマップをよく研究しているような感じで動き回るので、その行動は非常に参考になります。

そんな感じで私はGDFの一員として、もう地球の運命は僕に託された! みたいな感じで日夜Stroggと地球の覇権を巡って戦っているわけです。でもたまにはStroggの一員として、人間のやつらを恐怖のどん底に引き込んでやったりなんかして、Greeting! な感じなわけです…うひひひ。

Page Index

Recent Update

2011/8/29 Illustration 更新

  • 挿絵

Past Articles